ホーム  >  観光スポット

衣笠の観光スポット

衣笠山公園

  • 衣笠山公園
  • 衣笠山公園

    住所:横須賀市小矢部4-922

    交通:衣笠駅より徒歩30分または、衣笠山公園バス停下車徒歩10分


    明治40年に開園した公園で「日本さくら名所百選」にも選ばれる県内屈指の桜の名所で、市内・東京湾を一望できる展望台からの壮大な眺望も魅力の一つです。衣笠山公園から谷一つ隔てた衣笠城址を経て大楠山に至るハイキングコースの東側玄関です。

    横須賀市ホームページ内衣笠山公園」の情報はこちら

    『忠犬タマ公の碑とタマ公像』

    02tama.jpg

    忠犬タマ公は、新潟県五泉市(旧川内村)の刈田吉太郎さんの猟犬で、メスのシバ犬でした。雪崩に遭難した主人を二度も救い出し、地元ではJR渋谷駅前の「忠犬ハチ公」に劣らぬほど有名だったとか。市内在住で海軍のゆかりのあった新潟県出身の人達が故郷で話題になった「タマ公」に感激。その一人が現地に赴きタマ公が寝起きしていた土を貰いうけ碑を建てたといいます。戦後、衣笠山公園中段の広場へ移されました。

    平成29年3月、タマ公をご縁として交流の続いていた新潟県五泉市から「忠犬タマ公像」が寄贈され、タマ公の碑の隣に設置されました。

    『大介桜』

    05oosukesakura.jpg

    衣笠山公園中段の広場入口左側に「大介桜」と記された札が掛けられている老桜があります。もともと衣笠山には容姿が馬の背に鞍をおいた形に似ているところから「鞍掛山」という名がありますが、三浦氏の本拠地である衣笠城址に隣接しているため、衣笠山の名称で親しまれており、三浦大介義明公が89歳という長寿であったことから、この老桜を「大介桜」と呼び大切にしています。



衣笠観光協会
横須賀市公郷町2丁目11番地(衣笠行政センター内) Tel :046-853-1611
Copyright©2018.Kinugasa Sightseeing Association All Rights Reserved.
ページの上に戻る